気になっている通信教育、子どもにはどんな影響を与えるのか

子どもが一番勉強に集中できる環境づくり

通信教育と家庭教師どちらが良いのか

通信教育は自宅で勉強をすることが出来ます。
同じように自宅で出来る勉強方法としては、家庭教師もあります。
通信教育と家庭教師、どちらが良いのでしょうか比較してみましょう。

家庭教師の場合は、通信教育とは違い決められた時間に先生が自宅にきてくれて勉強を教えてくれます。
直接、わからない所や教えてほしい事などを聞くことが出来るのはメリットです。
ただ毎回、家庭教師の先生が自宅に来るのは少し気をつかうかなと感じます。

通信教育の場合は、定期的に教材が自宅に届くので自分のペースで勉強を進めて行くことが可能です。
わからない所も、教材にわかりやすい様に説明が書いてあります。
添削システムもあるのでそこで聞くことも出来ます。

家庭教師に教えてもらいながら勉強するのと、自分ひとりで集中して勉強する、子どもが一番勉強しやすい方法を考えましょう。

勉強をする為の環境を整える

塾、家庭教師、通信教育、勉強方法は様々ですが子どもが勉強を好きになってくれるやり方で学んでいって欲しいのが理想です。

勉強を嫌いになる理由の一つに、わからない部分をそのままにしてしまう事です。
毎日の子どもの様子に親も敏感にならなくてはいけません。
少しでも、勉強が嫌い・わからないと言う言葉を発した時は何故、嫌いなのかを聞いてみるといいと思います。

勉強する環境を整えるという点で見れば、親が勉強を教えてあげるのもいいと思います。
通信教育をしているのであれば、子どもだけで勉強をするのではなく親も参加して一緒に考えるのも良いです。

どんな勉強方法を選ぶのかは各ご家庭それぞれだと思いますが、何より大切にしなくてはいけないのは、子どもが勉強に対して苦手意識を持たずに続けていける事だと感じます。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ